健康を心がける人たちのイラスト

上がり過ぎても下がり過ぎても良くない血圧ですが、皆さんは適切な血圧を保てていますか?加齢と共に気を遣うようにしないとあっという間に適正な血圧から外れてしまいます。当サイトでは正常な血圧値を紹介したり、正常でない血圧からくる病気を紹介します

妊娠中の高血圧に産婦人科からラシックスを投与

以前は妊娠中毒症と呼ばれた知名度の高い疾患ですが、現在は妊娠高血圧症候群と呼ばれています。これは妊娠をしてから、高血圧やむくみ、タンパク尿の症状が現れる病気です。母体だけに関連する病気でなく、胎盤や赤ちゃんにも大きく影響をするものです。妊娠高血圧症候群になると、赤ちゃんを出産するときに母親のリスクが高くなるので、注意が必要とされています。主に高血圧やむくみ、タンパク尿のうちの2つがあると診断をされることがあります。高血圧は、もともと血圧が高めだった人がなることもありますが、これまで全く無縁だった人も突然なることがあります。またあまり血圧が高いとコントロールが必要になり、特に出産の時には、母子への影響もあるので、コントロールが重要とされます。あまりに血圧が高い時には帝王切開の選択になることもあるのです。むくみに関しては、急激に、足のむくみが出る。また手を握ることが出来ないなど症状が出てきます。むくみがあり、尿量がある場合にはいいのですが、時には排尿の問題がある場合も。むくみは産婦人科において決して珍しい症状ではありません。その中でも特にむくみが著しい場合には、ラシックスなどの利尿剤を使用することがあります。このラシックスは高価のある薬ですが、反対に注意も必要とされます。タンパク尿が出ている場合、ラシックスを使用することにより、タンパク質が流出し、低たんぱくになってしまうからです。そのために産婦人科医の指導のものに内服を行わなくてはいけません。またタンパク尿はその程度によって、重症度が異なります。あまり重症化している場合には、産婦人科に入院をして安静を保ったうえで治療を行うこともあります。